本文へスキップ

新着情報・FAQNEWS & FAQ

新着情報

2017年6月20日
「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」(化審法)に則り、平成29年度 少量新規化学物質を4品目登録完了し、正式にイタリアのマフロン社 (Maflon SPA)のフッ素系界面活性剤が取り扱えるようになりました。詳細は ”サービス/製品一覧“ ページをご参照ください。
2017年5月24日
事務所移転に伴い、当社が保有するライセンス類の登録手続きが全て完了致しました。毒物劇物輸入業登録の登録薬品数も48品目と充実致しました。
・毒物劇物一般販売業登録票 (第A293003号)
・毒物劇物輸入業登録票 (九州第10059号)
・特定麻薬等原料卸小売業者届 (第665-2号)
・麻薬等原料輸出業者業務届受理証明書 (福岡第52-146号)
・麻薬等原料輸入業者業務届受理証明書 (福岡第51-69号)
2017年4月24日
事務所をFUKUOKA growth next内に移転致しました。
2016年8月8日
当社の安全保障輸出管理規定を、外国為替及び外国貿易法(外為法)の輸出貿易管理令及び外国為替令に則り、当社第2期目に制定致しました。社内管理を徹底させる為、当該内部規定を経済産業省 貿易経済協力局 安全保障貿易検査官室に第3期目に届出、年度毎に内部監査を実施しています。第4回目の輸出者等概要・自己管理チェックリストを届出、左記の期日にて正式受理票が発行されました。当社の重要なコンプライアンス方針の一環として、引き続き法令遵守を徹底してまいります。
2016年7月12日
毒物劇物輸入業登録の登録薬品数が40品目になりました。半導体用薬品、塗料関連原料等幅広く網羅しています。
2015年10月14日
スリランカのRS Mines社と日本、台湾、韓国、中国市場における天然黒鉛、還元酸化グラフェン等の販売に関する総代理店契約を締結致しました。
2015年10月1日
少量新規化学物質の登録申請を3物質に対し行い、承認通知を受けました。
2015年8月18日
毒物劇物輸入業登録の登録薬品数が39品目になりました。
2015年1月13日
福岡市の支援を得て、福岡商工会議所ビル9階
インキュベートプラザ博多 に事務所を移転しました。
2014年12月10日
黒鉛材料(黒鉛、酸化グラフェン)の取扱を開始致しました。
2014年11月27日
福岡市の創業・起業支援の承認を受けました。
2014年8月26日
マレーシアから溶剤の輸入が実績になりました。
2014年7月31日
韓国からISOタンクでの溶剤の輸入が実績になりました。
2013年12月2日
火薬類取締法に則り、当社内での保安教育計画を完備し、認可を得ました。
2013年11月1日
輸出貿易管理令に基づいた、コンサルタントサービスを開始致しました。
2013年10月15日
経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理課に当社 輸出管理内部規定を提出し正式に受理されました。(外国為替及び外国貿易法の輸出貿易管理令に則ったコンプライアンス プログラム(CP)の登録申請手続き)
2013年7月17日
ドイツ フラウンホーファー研究機構 セラミック技術・システム研究所と趣意書を締結し、日本市場に於いて営業協力を行う事で合意いたしました。
電子材料用厚膜ペーストを展開します。
2013年5月21日
火薬類の輸入・販売が実績になりました。
2013年1月25日
火薬類販売営業許可書を取得致しました。(条件付き)
2012年9月27日
毒物劇物輸入業登録の登録薬品数を、1品目追加し、26品目としました。
2012年4月24日
NACCS 導入登録完了。経済産業省の許認可関係の一部がNETで申請手続きが出来る体制が整いました。
2012年4月10日
日本輸出入者標準コードの登録が完了致しました。
2012年4月10日
福岡商工会議所に入会いたしました。
2012年4月6日
毒物劇物輸入業登録の登録薬品数を、8品目追加し、25品目としました。
2011年11月1日
毒物劇物一般販売業登録票
毒物劇物輸入業登録票
麻薬等原料輸出業者業務届受理証明書
麻薬等原料輸入業者業務届受理証明書
取得完了致しました。

バナースペース

株式会社
   ミッション・ベクトル・パートナーズ

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-6-11
FUKUOKA growth next 2F-228

FUKUOKA growth next 2F-228,
2-6-11 Daimyo, Chuo-Ku
Fukuoka City, Fukuoka 810-0041
Japan

TEL 092-285-6698